街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
電車の座席とお年寄りと法律関係
本日の予備校の帰りの電車の中、
野球観戦帰りと思われる、お年寄りとその孫が
途中の駅で乗り込んできました。
あいにくと席は埋まっています。
そこで私は当然に席を立ち、
お年寄りに席を譲りました。

20代の健康な若者?としては当然のことです。
お礼とか正義感とかマナーとかそんな難しいこと
は関係ございませんが、
ただ席を譲ることで、自分の心を豊かにできると
私は思っています。
それは譲ることによって私にも得られるものがある
と言うことです。

で今回の話は
その時、ふと予備校帰りの私は考え込んでしまった事です。
その考えたこととはこういうことです。
(これより下は知らない人は面白くないかもしれません。)
う~ん、今さっき席を譲ったけど、
これって「事務管理」かな?
「事務管理」って簡単に言えば、
余計なお世話やおせっかいなんだけど、
確かにおじいちゃんに席を譲る義務はないよな。
しかも、おじいちゃんのために譲ったし、
でもこれって管理じゃないしな~、
もし「事務管理」だったら「継続義務」や「善管注意義務」が
俺に発生するけど、
「善管注意義務」なんて何を管理すればいいの?
ないよな~
「継続義務」ってことは、今ここで座っている
おじいちゃんに「座席を帰せ!」とは言ってはいけない
義務があるって事なのかな~?

待てよ!
「席をどうぞ」「ありがとう」
これって「申し込みの意思表示」と「承諾の意思表示」
にならないか?
ってことはこれは「贈与契約」か?
いやいや、座席は俺の「所有物」ではないし、
座席って言うのは、電車の一部なんだよな。
はずせないこともないから、電車が「主物」で座席は「従物」だよな。
いや、そこは関係ないかどっちもJR東日本?西日本?に「所有権」
はあるんだから、
ってことは俺が席を譲ったのは「他人物贈与」?
「他人物贈与」有効に成立するけど、「所有権」は移転しないよな。

あ!そうか「贈与契約」は「自己の財産」を無償で相手に提供すれば
要件は足りるから、「所有権」じゃなくてもいいんだ。
じゃあこの場合、当てはまるのは「占有権」かな?
もちろん座席に俺の「所有権」がないのは知ってるから、
「他主占有」になるけど、座席の「占有権」をおじいちゃんに
「贈与」したってことかな?
座席に座ってるなんて、いかにも占有って感じだし、
うんうんJRから貸し出されているって考えれば。
「賃貸借契約」だよな。
あれでも、座ってない人もいるってことは、
座席に座るってのは契約の中にないってことか、
ってことはその分の料金は入ってないから、
「使用貸借」か~?
どっちも「占有」は自分にあるから
それをおじいちゃんに贈与したでいいのかな?
あっでも私を目的地まで連れて行くって仕事の契約だから、
「請負契約」なのか~?


な~んて、色々考えていたのですが、
煮詰まってきてしまいました。

そんな時「ありがとう」とお年寄りが私に声をかけました。

どうやら、そのお年寄りが下車する駅に着いたみたいです。

その言葉と笑顔で割り切れる法律から
割り切れない現実に引き戻されました。

でもそこには何か暖かいものを感じました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。