街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中学生の頃の夢
寝ているときに見る夢には
よくその時の深層心理が夢に現れるとか言いますよね。
夢に出てきた物や人、そしてそこで起きた出来事、
それらは何かしら今の自分の心理状態を表してたり、
暗示してたりするんですよね。

中学生の頃に見た夢なんですが
今でも鮮烈に覚えている夢が一つだけあります。
今でも記憶に残っている夢です。


それはこんな夢でした。

机に突っ伏して寝ていた私が起きると、
そこは中学校の教室の窓際、一番後ろの席でした。
いつから寝ていたかはわからないのですが、
授業も終わっており、
クラスメイトもみんな帰ってしまって、
夕日が差し込む教室に一人で
寝過ごしてしまったみたいでした。

(何だよ~先生も起こしてくれればいいのに)
と考えていたら、人の気配がして、
パッと横を向いたら、
ちょうど私の真横、5m先くらいにある
教室の出入り口にクラスメイトのRさんが立っていました。

Rさんは活発で元気があり、やさしく、話しやすい女の子。
当時、私はRさんのことが好きだったんですね。

そのRさんがちょっと下を向き、
後ろ手に両手で何かを隠し持って、立っていました。

夕日が差し込み、誰もいない、
学生服の私とセーラー服のRさん
二人っきりの教室の中、
ちょっと距離がある二人。
そのRさんは恥ずかしそうに下を向き、
何かを後ろ手に持っている。

男だったら嫌なことを想像するわけのない
シチュエーションです。

二人が無言のまま、5~10秒時が流れます。
私は心臓がドクドクして、そのたった10秒が
10分にも感じられました。
(何か言わなきゃ、何か言わなきゃ)
そして出た言葉が「どうしたの?」の一言でした。

その一言を出した途端、
Rさんは後ろ手に持っていたものを
パッとお腹の前に出しました。


裁断用の断ち切りはさみでした。

お腹の前に出し、両の手でしっかり構え、
私に向かって走り出してきます。

あっという間の出来事に
何が起きているのか理解できない私は
よけることもできずにRさんとぶつかり、

そして私の右側腹部にぶっすりと

はさみが刺され込まれました。


そこで冷や汗と共に目が覚めました。

いったい私は
どんな心理状態だったのでしょうか?

なんでしょか?

次の日、現実で会ったRさんに
どこか身構えてしまいました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっぱり・・・
超ド級のMです。ハイ!
ε=ε=ε=ε=ε=┌(;σ_σ)┘逃げます

2005/08/25
(木) 18:26:25 | URL | モンモン☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。