街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キャバクラにGO!~その4~
昨日の続きです。

意表をついて、付き合っていたT先輩とB。
わざわざそんなところに来るために財布にされた私。
しかしそれくらいではへこたれません。
かわいい女の子お酒が飲めるのは間違いない事実ですから、
これから盛り上がっていければ大丈夫!
さぁつぎの女の子よ来い!!

と待っていたところ来たのは黒服。
黒服「お時間の方が来ていますがどうされます?」
(え~!こんな中途半端では終われないけど、
延長ってことはお金がかかるんだよね。
う~ん、どうしよう?)
と迷っている時、先輩から背中を押されました。
T先輩「もちろん延長でいいよな。ろっぽ」
(そうだな~このままじゃ終われないし、次にかけてみたいしな。)
「はい、延長しましょう。」
黒服「かしこまりました。」

と延長決定!!
次に来る子に期待して、わくわく状態の私。

とそこでBがT先輩に何か話しかけています。
「私の友達のDちゃんを指名してあげてほしい。」
T先輩「う~ん、俺はB指名してるから、指名するのはろっぽだからな~」
T先輩「お~い、ろっぽどうだ?」
「え!でも…」
「お願い。とってもいい子だよ。」
T先輩「ならいいじゃん、ろっぽ」
(色々試してみたいし、ちょっとなぁ…)
「いや…」
「お願い!」
T先輩「頼むわ!」
綺麗系のお姉さんにお願いされて、
お世話になっている先輩から頼まれたら
断れません。
「わかりました。」
「わぁ、ありがとう!とってもいい子だから期待してて」

とBから黒服にDの指名を伝えてもらいました。
そうして待っていると、後ろから近づいてきます。

「ご指名ありがとうございます。」

(え!この子?うそでしょ!)
と来たのは、とても微妙な子、ほんとにキャバ嬢?
と疑問の声が出そうな子です。
私の頭の中にはキャバ嬢=かわいい・きれいという公式が
成り立っていたので、
それは驚きの子がきました。

まぁそれでも盛り上がれれば、
ちょっとはましかなと思ったところ。
Dのおしゃべりはどちらかというと
お客様に話しかけてるのではなく、
友達の彼氏の後輩に向かっての話し方で
どこか見下しているところがありました。

私のやる気は一気にダウン。
指名をしてしまったからには
女の子は変わりません。
今まで過度の期待があっただけに
一気に意気消沈です。

お金を出して女の子と飲むのに、
この子ならまだ後輩の女のこの方がかわいく、
とても盛り上がり、楽しいひと時が過ごせ
飲み台も安く付くと考えが働きました。


そしたら、ひたすらビールで自棄酒です。
Dとのおしゃべりも「ああ」「うん」「そう」
くらいでさらには話した内容すら覚えていません。

黒服「お時間が参りましたが、どうなさいます。」
(うおー、帰りてぇ!)
「先輩、帰りましょうよ。そろそろ」
T先輩「うん?まだまだこれからだろ」
「そうだよ~、帰らないでよ~」
「もっといてよ~、お願い」
黒服「そうですよ。まだまだ楽しんでってくださいよ。」
(何?この空気?なんで俺だけ孤立してるの?
周りみんな残ろうの空気なの?俺だけ仲間はずれっていうか
俺だけ敵?ここで「それでも帰ります」なんて言ったら、
もしかしてみんなでブーイング?ちょっと待ってよ。
いやそれでも、帰りたいよ。この子が相手なら)
「先輩、ちょっ…」
T先輩「はい、じゃあ延長でね。よろしく」
黒服「かしこまりました。」
(はぁ?私は財布なのに決定権ないの!?)
とまたまた延長が決定。

それからまた50分くらい
私の盛り上がらない、心さめた状態。
ふと前を見ると、まさにカップルのT先輩とB。

なんなんだーこの状況は!
帰りてぇーーーーーーー!

とここでまた、お時間が来ました!
T先輩「そろそろ、行くか」
(やったーー先輩も帰る気だ!)
「はい!」
黒服「ではお会計はこちらにございます。」
「はい」
え!何?この金額?
先輩安いって言ったよね。
なんでパチンコの勝ち分が全額なくなって、
元本も半分なくなるの!
え~~~~~~~~~~~~~~~!!
おかしくない?おかしくない?おかしくない?

T先輩「じゃあ、ろっぽ頼んだ。ありがとうな」
「………ハイ
酔っ払ってきた私(もういいよ。もういいよ。もういいよ。もう帰りたい)

とどうでも良くなっていました。
もうこれであの空気とDから逃れれたと
会計を済まして、外に出た私とT先輩。

さぁ帰れる!
って終電ないじゃん!田舎まで帰れないよ!

「どうするんですか?先輩」
T先輩「うん、ちょっと待ってれば大丈夫だ。」

とかれこれ、1時間、コンビ二にあても知らされず、
待たされている私。
と表を見るとさきほど、対面で見ていたBさんがいる!

と帰りはBさんの車で送っていただきました。
しかも、後部座席にて隣にDさんまで、
うお~この呪縛は何?
もうやだよ。もうやだよ。もうやだよ。

とBさんの車の中、深夜夜遅く、
酔っ払って、寝たふりまでして
パチンコの勝ち金に元本まで食い込んで、
高い金払って、変な空気味わって、
気まずい空気まで

もうキャバクラなんていやだ~!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。