街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大学時代のテスト
今の時期は大学生がテスト前で大忙しの時期ですね。
でもそれが終わればうらやましい夏休み。
ここで乗り切れば、単位という結果と夏休みのご褒美が待ってます。

私は大学生時代、講師の名前を間違えて
テストを受けずに単位を落としてしまったことがあります。
ちなみにフランス語の講義でした。
その先生はちょっと見た目ぱっとしない感じで
悪い言い方をすれば、しょぼいって感じでした。
半年前の講義科目が張られた時に、
フランス語の講師の名前が二つ「磯部」「尾崎」でした。
半年前に選択した科目でしたが。
ある時期くらいから、講師の名前を間違えてたんですね
私はその先生の姿から、「尾崎」というありふれた、平凡な
名前だと思い込んでいました。

それで「尾崎」のテストの当日、万全を期し、向かったのですが、
教室に向かう途中、いつもフランス語を一緒に受けている、
友人Mと出くわしました。

友人M「よう!何でフランス語でてこなかったの?」
「えっ、今からだろ?受けに行くよ。」
友人M「何言ってるんだよ。昨日終わったぞ。」
「え~!だって尾崎のテストは今日の2限だろ」
友人M「はぁ?だってお前、俺と同じ磯辺だろ」
「え~あの先生って磯辺って名前なの!!」
友人M「お前、半年も講義受けてた講師の名前も知らなかったのかよ。」

いや、知らなかったわけではない。
半年間、顔をずっと見てたけど、
ずっと「尾崎」思い込んでいたのです。

「だって、あのしょぼくれた見た目で磯部はないだろ。」
友人M「確かにしょぼくれてるけど、それでも磯辺なんだよ。」
「尾崎の方がぴったりだよ。」
友人M「まぁ名前なんてどっちでもいいけど、とりあえずこれでお前は単位落としたな、後期もがんばってフランス語受けてくれ」
「マジかよ!俺一人で後輩に混じるのかよ!つらい・・」
友人M「あはは、孤独だなぁ、残念だったな一人でがんばれよ。」


「人は外見で判断してはいけない」
「人の名前は極力覚えよう」
この二つの教訓を得ました。

ちなみにこの友人Mはテストの点が悪かったため、
フランス語は「不可」に
後期も机を並べ、一緒にフランス語の講義を受けました。


ざま~みろ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。