街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
漫画喫茶店員の愚痴
私は漫画喫茶でアルバイトをしています。
そのお客様の中に、特に年配の方の中に多いのですが、
「ご注文はお決まりでしたでしょうか?」と聞くと、
「アイス」と顔も向けずにご注文されるお客様がよくいます。
これはいかがなものでしょうか?

確かに私は店員で、お客様には来ていただいている身分です。
よく「お客様は神様だ。」という言葉があるように、
お客様にご注文をいただいて、その代金から、
私の給料が支払われています。
それらを踏まえたうえで、
お客様に気持ちよく過ごして頂くために
店員はお客様に対して失礼のない態度、言葉、行動を
慎重に慎重を重ね選び、相対しています。
当然のことといえば当然のことなのですが、
お客様に対して真摯に向かっていくことが、
接客業の基本だと思っています。
さらにいえば、これは接客業に限らず、
人と人の付き合いにもいえることではないでしょうか?
自分も人ならば、相手も人なのです。
相手に対して、かける言葉は「自分自身」なのです。
そして店員も「人」なのです。

しかし、それに対して、
単語レベルしか口を開かれないお客様がいらっしゃいます。
心に余裕がなく、そうなられるお客様もいらっしゃるとは思いますが
「店員」としての私達は感謝もします。
しかし「人」としての私達は落胆します。

そのような人たちに
一度でいいので、お店にご来店の際に、
心に余裕がおありなら、
試していただきたいことがあります。

笑顔でなくてもいいです。
声のトーンも低くていいです。
態度も大きくて全然かまいません。

顔を店員に向け、「アイスね」とおしゃっていただきたいです。

そうしていただければ、
「店員」としてだけではなく「人」としても最高の笑顔でお客様を
おもてなし致します。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうします(;´Д`)
2005/07/11
(月) 21:15:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。