街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
続 変わった拾い物
昨日書いたものの続きです。

女の子を泊めた翌日、
ソファーでなかなか寝付けなく、
寝不足気味で大学に向かいました。
大学に行くのに電車を使います。
電車に乗っている時、いつの間に寝てました。
寝ていたら、携帯がなったので、手にとって見ると、
着信してません。
ふと足元を見ると、誰かの携帯が落ちています。
手にとって、電話に出てみると、落とし主の男でした。

「すいません、携帯落としたものですけど」
と結構若そうな男から着信がありました。
「ああ、今、電車の中で拾ったとこだよ。」
「ありがとうございます。駅に届けておいてもらえませんか?取りに行きますので」
「名古屋駅になっちゃうけど、もし近くならそのまま届けてあげるよ。大学の帰りに」
「え~名古屋駅ですか、それじゃあ申し訳ありませんけど、○○まで、お願いできますか」
「ああ、いいよ。たぶん7時くらいになると思うけどいい?」
「はい、じゃあお願いします。」



そして大学にて、その携帯を持っていると、
何回も何回もメールが着信して来ました。
もちろんプライバシーに触れてはいけないと、
マナーモードにしてずっと無視をしていましたが、
そのうち、メールから着信に切り替わって、
何度も何度も同じ女性の名前から着信するようになりました。

そこでもしかしたら、落とし主が誰かの携帯を借りて、
私に伝えることができたのかな、
と思い直して、電話に出てみました。すると

女の子いい加減にしてよ!!何でメールも返してくれないし!!電話にも出んの!!

といきなり怒られました。

「いや~あの~、携帯落とされて、私は拾ったものですが。」
女の子「え?え?」
「この携帯が落ちてたんです。で私が拾って、今日の夜、持ち主に届ける予定なんですよ。」
女の子「あ、あぁ~そうなんですか。」
「はい、だからあまり彼氏を怒らないでやってね。」
女の子「・・・はい、すいません、それじゃ失礼します。」

そんな会話があり、
その夜、その落とし主の男の子に無事返すことができ、
一件落着しました。

最後にその男の子にかけた言葉は
「ごめんね。何回も電話があったから出ちゃったけど、彼女、怒っていたから、気をつけてね。」
でした。

やっぱり私はいい人=人がいいのでしょうか



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/06/18
(土) 16:04:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。