街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「深紅」を見ました
本当に9月に入ってからというものの、
サボり気味になってきたブログなのですが、
それでも最初に決めたとおり、何とか続けていこうと思います。
のでので、引き続きこれからもごひいきにどうぞ、

先日、「深紅」を見に行きました。
当初の目的としては「容疑者室井慎二」が見たかったのですが、
連れの女の子はもう見てしまったそうで、
それで代わりとして、内山理奈主演の「深紅」を見ました。

簡単にストーリーを言うと、
一家を惨殺された被害者の娘と加害者の娘が出会う物語です。
普通に生活している二人なのですが、
二人の娘の中には暴れ狂うほどの闇の部分が存在しています。
二人が出会うことで感情が複雑に交差していきます。
そして二人はある結論を出すのです。

彼女らを結びつけるものは決して友情ではないと思います。
しかし、それより深い何かでつながっていく姿が
二人の役者から観客である私まで伝わってきます。

とても深く深く、感情が入り込んでしまった作品です。

そして、とても印象に残ったことは
内山理奈ってとってもかわいい~!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/04
(火) 10:11:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
9月29日(木)ユナイテッドシネマ稲沢にて小学校の修学旅行中に、奏子(堀北真希)は突然、荷物をまとめて東京に帰るように告げられる。奏子が留守の間に、両親と幼い2人の弟が惨殺されたのだ。それから8年…。大学生となった奏子(内山理名)に、家族を殺害した男、都築...
2005/10/02(日) 17:23:58 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
こんにちは() 意外に思われるかもしれませんが、 わたくし、実はあまり映画を見に行くほうではないんです。 だからといって、まったくキライなわけではありません。 むしろ、映画の「見せ方」については、大いに知的好奇心をくすぐられるものがあります。
2005/10/06(木) 00:05:41 | 音・楽・喫・茶[muse-cafe]
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。