街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ちょっとした妄想
本日、朝のモーニングの時間に
漫画喫茶のバイトをしていました。
ひっきりなしにやってくるオーダーをこなしながら、
あくせくをホールを駆け回っていました。

そんな中、小学校3・4年生くらいの男の子に呼び止められました。

男の子「ドラゴンボールの42巻が読みたいんですけど、取ってもらえますか?」
見れば男の子の背が届かないところにドラゴンボールがありました。
「ハイ、わかりました。42巻だけでいいですか?」
男の子「じゃあ、40・41巻もお願いします。」
「はい、どうぞ。」と笑顔で対応。
私はその漫画をとり、男の子に渡しました。
このようなやり取りがあって、
ふとこれがかわいい好みの女の子だったらなぁ、
ベタだけれども、絶好のPRだったのに
と妄想しました。

しかし後々考えてみれば、
そんなに背の高い方ではない私が取れる本だったら、
大抵の20代女性はちょっと背伸びをすれば簡単に取れるだろうな
この妄想には無理がある。と気づき
なんとなくさびしい気持ちになりました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やだわ~。
そんな事考えて仕事してるの?
アタイが同じ場面になったなら、
「なんで?なんでだ?なんで最初に42巻取ってって言ったのに、あとから40、41巻なんだぁ!?お前は漫画を逆から読むのかよっ!」て心の中で叫びまくってたわね。
2005/06/12
(日) 15:29:36 | URL | アダ子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。