街の卵
男26歳漫画喫茶でフリーター、目指せ司法書士!!日々の生活の中で思いついたことや考えたことなど、後は勉強している内容など、自己満足のために書き綴っていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
誘いのメール
先日、アルバイト&予備校がお休みの日の出来事です。
昼間に勉強し、夜においしいご飯でも食べたいな~と思い。
正午に携帯を開き、ある女の子に誘いのメールを送信しました。
そして携帯を閉じ、手元において
勉強をしながら返事を待つことに、
しかし1時間経っても、3時間経っても、
5時間経っても返ってきません。
気がつけば夕方6時

勉強を終え、
そして悩みました。

(なぜ返ってこないんだろう?)
(何か嫌われるようなことしたか?)
(それとも誘い方悪かったかな?)
(1通のメール返すのもできないくらい忙しいってことはないよな)
(ダメならダメでそれでもいいのに)
(もしかして無理に都合でも付けてくれてるのかな)


と閉じた携帯を前にして、
あれこれ考えをめぐらせて見たのですが、
う~ん、わからん。
プライベートでの返事の催促は嫌いなのですが、
思い切って、もう1度メールしてみよう!
と決心を固め、携帯を開いてみました。

すると!!

[誘いのメール]の続きを読む
スポンサーサイト
1000通目のメール
報告が遅れましたが、
来ました!!1000通目の記念すべきメールが!!
あのブログの内容を書いた後、42時間後に!
内容は以下のとおりです。
[1000通目のメール]の続きを読む
私の携帯メールボックス
お久しぶりの更新です。
なかなか更新できずに放置でした。
う~ん、たいした理由ではないのです。
ただなんとなくでずるずると、更新をサボってしまいました。
申し訳ございません。

さて話は変わりますが、
私の今使っている携帯電話なのですが、
番号はもちろんのこと、メールアドレスも
契約してから1度たりとも変えたことはありません。
だからいつも携帯は番号そのままの機種変更で済ませています。

で最近はめっきり減ったものの、
メールアドレスを変えてないせいか、
たま~に迷惑メールも来ます。
そういったメールは着信すると、
その場その場で消去していくのです。
本日もそのメールを消去していたら、
とあることに気がつきました。

今の携帯は1年1ヶ月使っていますが、
受信メールのボックスを見てみると、

なんと!999通のメールが来てたんですね。

つまり!次に来るメールは記念すべき、

1000通目のメールになるのです!!!

いわゆる切番なんですね!

どんな人がどんな用件で入れてくるのかが、
今からがちょっと楽しみな出来事なんです!!

だからといって、
何を期待してるわけでもないんですけどね。
このブログを見ている私のアドレスや番号を
知っている方もたくさんいらっしゃいます。

是非、私の切番を争奪してくれたら面白いな
と考えているので、遠慮せずメールしてください。
よろしくお願いしま~す!!
君に読む物語
先日、アルバイトのKさんから、
『君に読む物語』のDVDを借りました。

ある老人がある老婆に物語を読んで聞かせることから、
物語は始まります。
老人が読み聞かせる物語の内容はある青年とある女性が
恋に落ち、障害を乗り越え、結ばれていく物語です。

老人と老婆・青年と女性の2元的な恋と愛の映画ともいえます。

恋に落ちることによって、
共に生きていくパートナーを決める。
そしてその人と一緒に愛をはぐくみ、
愛し続けていく。

ラストでは驚きの結末とはいきませんが、
一人の男性が一人の女性に対して、
深く深く愛し続けていく姿が涙を誘いました。

よく『恋』と『愛』の違いとはと議論になります。
一つの有力意見として『恋』の延長線上に『愛』がある。
との見解を聞いたことがあります。

しかし、この映画を見て思えたことは、
『恋』と『愛』は同質のものではない。

二人がふとした瞬間に『恋』に落ちることによって、
そこに小さな『愛』がポコッと生まれ
『恋』と『愛』との共存の状態が出来上がる。
そして二人で『愛』の大きさ・形・色を膨らませていく
より大きく・深く・色濃く・二人に合った形で
『恋』は熱みたいなもの、ある一定期間を過ぎれば、
冷める人もいれば、生涯続く人もいる。
だから・・・・・


うーん。書いてる途中で意味がわからんくなってしまいました。
難しいです。まだまだ若輩者の私には
語るには早すぎる論題ではないかと思います。
何か中途半端なのですが、
頭がショートしてしまいましたので、
これまでと言うことでお許しください。
続 怪我のおかげ?いや人のおかげ
土曜に怪我をしてしまったため、
予備校を休んで、病院に行きました。
そのため本日、いつもだったらお休みなのですが、
その分の講義を受けてきました。

いつも真っ先に予備校に着いたら、
していることがあります。
それは教室を確認して、
その足で喫煙所に向かい、缶コーヒーを買って、
一服しながら、コーヒーを飲み干すのです。
まぁ一種の儀式的なものですが、
これから講義を受ける前に一度、
頭をリフレッシュさせるためです。

本日もご多分に漏れず、いつも通り喫煙所に行くと、
そこにはたまに喫煙所でお話する
司法書士受験の先輩Tさんがいらっしゃいました。
見てみると一人の男性と話をしていました。

近づいて挨拶をすると
Tさん「おはよう!この人は今年、受かったHだよ。」
と話していらっしゃった方を紹介していただきました。
つづいてその方に私を紹介していただきました。
Tさん「こっちはこの春から勉強をしている、ろっぽだよ。」と

そして話していると、
Hさんから思わぬ申し入れが
Hさん「よかったら、今年の問題とか
今までの資料をもらってくれないかな?」
もちろん即決でいただくことに!

合格者の方の資料などがタダで手に入ることになりました。
改正で使用などできない部分があるものの、
それでも合格者の足跡つきの貴重な資料です。
勉強方法などでも役に立ちます。
めちゃくちゃ嬉しい申し出でした。


これも怪我をしたおかげで、
土曜の講義が月曜にずれ込んだことによって
本当は出会うはずのないHさんに会えたこと
が大きいのではないかと思います。
そして普段よりよくして頂いてるTさんのおかげでもあります。

前に見た映画で「陽はまた昇る」の松下幸之助の
言葉を思い出しました。

「結局は最後は人ですなぁ」
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。